無添加の魅力を徹底調査!〜保湿成分バツグンの化粧水〜

女性

原料の徹底的なこだわり

ウーマン

体に優しい化粧品が流行中

化粧品に使われる添加物はその化粧品の品質を維持するために必要なものが多いですが、一方でそれが原因で肌のトラブルを招くといった事例が多く発生していました。この事から生まれたのが、無添加化粧品であり、その後に生まれた完全無添加化粧品となります。無添加化粧品は、指定成分と呼ばれる代表的な添加物を使用していない化粧品ですが、指定成分以外の添加物は表示義務もなく使えるという問題がありました。このため本当の意味での無添加として、完全無添加化粧品が生まれた背景があります。近年はオーガニックコスメや天然由来の化粧品が人気となるなど、より自然の成分に近い化粧品が好まれる時代です。その中で、完全無添加化粧品も体に優しい化粧品として広く今後も普及すると予測できます。

使用期限にも注意する

添加物を一切使用していない完全無添加化粧品だからこそ、また注意をしたい点もあります。例えばその1つが、使用期限についてです。化粧品の使用期限は商品にもよりますが、大体未開封で3年程度です。そして開封済みのものは1年が目安だとされています。そのため開封した場合は1年以内に使わないと、成分の劣化が激しくなる恐れがあります。しかし完全無添加化粧品の場合は、この期限が短いことが多いので注意が必要です。これは保存料といった添加物を一切使用しない代わりの代償とも言えます。逆にいえばそれだけ完全無添加化粧品は新鮮さにこだわっている意味もあり、使用期限を守って使うことは、余計な肌トラブルを抱えこまないためのセオリーと言えます。